美容整形、シワ取り治療

美容整形、シワ取り治療

美容外科による美容整形の中でも、ボトックス注射はとても有名になりました。主にシワ取り治療として施されることが多いボトックス注射は、メスを入れなくてもシワをなくすことができるため、手軽に受けられる治療として広く普及されていますが、このボトックスとは、いったいどんなものなのでしょうか。

ボトックスは、ボツリヌス菌から生まれる毒素を加工して作られた医薬品です。ボツリヌス菌は、重度の食中毒を起こす原因となる恐ろしい菌なのですが、以前からボトックスは顔面神経痙攣などの治療に使われていました。その治療の中で、シワが取れるということが発見されて、美容整形でも使われるようになったのですが、シワ取りといっても、どんなシワも取れる、というわけではないようです。主に、「表情シワ」と呼ばれる目尻の笑いシワや、ひたいのシワ、眉間のシワなどに効果があります。

ボトックス注射をすると、注射をした箇所の末梢神経を麻痺させることで、一部の筋肉や汗腺が機能しなくなります。それによって、表情シワが目立たなくなるわけですが、3ヶ月〜半年くらいすると新しい末梢神経が伸びてきて、麻痺した神経が元通りに機能し始めます。すると、シワもまた復活してしまいますので、常にシワのない状態にしたい場合は、定期的にボトックス注射を受ける必要があります。ずっと受け続けなければならないと思うと、ちょっと面倒だったり、損した気持ちになってしまうかもしれませんが、メスを使わないため、かなり人気があります。